1. おとりよせ
  2. なかやくらぶ
  3. 催事のご案内
  4. 菜香やのはじまり
  5. 菜香やのこだわり
  6. おしえて!なかさん
  7. 新着情報
  8. メディア掲載
  9. 販売店紹介
  10. トレサビリティ
  11. 菜香や社長のブログ
  12. 菜香や公式facebook
  13. 菜香や社長のfacebook
  14. 農商工連携
  15. FOODACTIONNIPPON
  16. 茨城の社長.tv

なかやのはじまり ~菜香やはこうして生まれました~

菜香やのはじまり

のりお

菜香やは1999年(平成11年)に創業いたしました。

母親が作ってくれた普段の食卓に並ぶお漬物。それが『おふくろの味』でした。

そこには添加物や、機械生産に頼らない素朴でありながらも懐かしい味がありました。

その食卓にかかさずあった、お漬物。

自然の色合いで、野菜の味があって、時にはしょっぱっかったり。

その味覚は今も忘れることなく、心に残っています。

 

菜香やが始まるきっかけは、一人の農家さんの声でした。

私の母親の実家は田舎の農家育ち。

毎年、野菜の収穫時期になると知人の農家さんが、大きく育ちすぎてしまった野菜だったり、傷がついてしまって出荷が出来ない余った野菜などを分けてくれました。

母親は、野菜をもらっては自慢の手作りの漬物に形を変え、農家さんにお礼としてお返ししていました。

そのお漬物の美味しさが評判を呼び、農家さんが野菜を持ち込んで漬けてほしいとの依頼が。

母親は笑顔で、一生懸命お漬物を漬けていました。

いつしか、母親のお漬物は近所のおみやげ屋さんに並ぶこととなり、またたく間に人気商品に。

 

私は、このおふくろの味を全国の人に食べてもらいたいとの思いから、菜香やで母親のお漬物作りを勉強することにしました。

その気持ちは今も変わることなく、創業当初より教えてもらったおふくろの味を再現しながら製造しています。

菜香やで作る母親お漬物は、鮮度の良い野菜を余計な手を加えず、独自の技術でお届けしています。

季節ごとの野菜を旬なままお届けできるのは、母親が培ってきた製法だからできることです。

より良い野菜の風味を損なわず無添加で漬けるやさしい味はどこか懐かしい「おふくろの味」です。

すべて手作業で調理された菜香やのお漬物を是非ご賞味ください。

原点は、おふくろの味でした。

なかさん

菜香やは無添加漬物専門店としてご好評いただいております。

今ではお漬物に限らず、『保存料』・『合成着色料』・『化学調味料』を一切使わない製法が特別のように映っていますが、菜香やの無添加漬物は、「おふくろの味」が原点であり、その受け継がれた製法を創業以来変えずに守ってきました。

これからも菜香やは、昔の文化や知識を受け継ぎ、こだわりとして新しい時代へより良い発展を目指します。

自然溢れる、茨城県

茨城県

野菜生産量が豊富な茨城県だからこそ菜香やのお漬物は生まれました。

茨城県(いばらきけん)は、関東地方の北東に位置し、東は太平洋に面しています。

大和政権期に大国といわれ、『常陸国風土記』では「常世の国」と謳われたように、日本屈指の農業地帯です。

県土の大半を平地が占め、その多くが農地。

そんな環境だからこそ、菜香やは野菜が美味しい茨城県に根づいて事業を行っています。

茨城県は県の面積(609,569ha)のうち29%(176,800ha)が農業で使われており、この割合(わりあい)は日本一。農業をする人も47都道府県の中で1位という全国有数の“農業県”なのです。そんな茨城県の代表的な食べ物をしょうかいします。

水稲

水稲を育てるのには水がたくさん必要です。なので、県内に利根川や鬼怒川(きぬがわ)が流れている茨城県は米の生産に適しているところなのです。茨城県の水稲の生産量(404,000t)は全国7位です。

れんこん

茨城県のれんこんは全国生産量(58,400t)の45%(26,000t)で、東京市場に出回っているほとんどのれんこんが茨城県産です。琵琶湖(びわこ)に次いで日本で2番目に大きい湖、霞ヶ浦(かすみがうら)周辺の低湿地帯(ていしっちたい)が主な生産地です。

畜産(ちくさん)

茨城県は畜産もさかんで、その産出額は全国5位。東京などに牛乳(ぎゅうにゅう)・食肉・たまごなどを出荷しています。たまごは全国1位、豚(ぶた)は全国3位です。

メロン

茨城県はメロンの生産が全国1位です。県南東部にある鉾田市(ほこたし)を中心にビニールハウスでメロンが育てられています。

茨城県でとれるもの(生産量と全国順位)

<いも・雑穀(ざっこく)・豆>
  さつまいも 171,600t(18%))2位 
  らっかせい 3,070t(16%)2位
  そば 2,520t(10%)2位  

<野菜>
れんこん 26,000t(45%)1位 
はくさい 219,700t(23%)1位
メロン 48,900t(23%)1位
ピーマン 32,500t(22%)1位
ちんげんさい 10,300t(21%)1位
レタス 81,200t(15%)1位
ごぼう 24,700t(16%)2位
みつば 2,390t(13%)3位

<果樹(かじゅ)>
日本なし 28,900t(10%)2位

<畜産物>
たまご 172,087t(7%)1位 
豚 1,171,667頭(7%)3位(出荷頭数)  

※( )内は全国生産量に占(し)める割合(わりあい)
出典名
・作物統計(普通作物)(平成19年)
・野菜生産出荷統計(平成18年)
・果樹生産出荷統計(平成19年)
・畜産物流通統計(平成17年)